算数

ここでは、さまざまな先生が「算数」の解説をしています。「数学が苦手な人」に向けて解説している先生もいれば、「そこそこできる」と思っている人に向けて書いている先生もいれば、「数学が得意」な人に向けて解説している先生もいます。
自分好みの先生を見つけてみましょう。
※すべての記事を無料で読むことができます。

石崎秀穂先生(運営者)

運営者から一言:数学が苦手な人にお勧めの先生です

石崎秀穂先生の簡単なプロフィール:
『0(ゼロ)からやりなおす中学数学の計算問題』(総合科学出版)、『中学数学のコツ』(秀和システム)の著者。英語の本も執筆しており、「涙がでるほどわかりやすい」と評判で、発行部数は合計で15万部ちかくになっている。

※以下は、中学受験にも役立つように書いていますが、「算数からやりなおしたい中学生、高校生、大学生、大人」に向けて書いたものです。

<かけ算、ひき算>
かけ算は「コピー」か「ハンコ」をイメージするとかんたん!
九九をしっかり覚えよう!
わり算は「ナイフを使って等しく分ける」イメージ!
わり算の計算ができるようになろう!
基本的な、わり算は覚えてしまおう!
かけ算とわり算の不思議な関係

<四角形の面積>
四角形の面積を求めてみよう!
四角形の一辺の長さの求めかた

<たし算、ひき算>
定規で「すごろく」をして遊べば、たし算、ひき算が驚くほどわかる!

<方程式と面積図と線分図(中学受験対策)>
中学受験では、かけ算の方程式は「面積図」を使って解く
中学受験では、わり算の方程式も「面積図」を使って解く
中学受験では、たし算、ひき算の方程式は「線分図」を使って解く
方程式は線分図と面積図で解こう!(中学受験)

<分数>
「かけら」をイメージすれば分数はわかる!

<あまり>
わりきれない場合は「あまり」で表すこともできる
「わられる数」「わる数」「商」「あまり」という言葉は覚えておこう!
「箱」をイメージすれば「(わられる数)=(わる数)×(商)」の式がわかる!
「箱」をイメージすれば、(わられる数)=(わる数)×(商)+(あまり)の式もわかる!
あまりは「÷●」の「●」を超えることはない

<最大公倍数、最小公約数>
●の倍数とは、●に整数をかけたもの
倍数かどうかを判断する方法
公倍数は、共通する倍数を探せ!
最小公倍数は「大きいほうの数の倍数」に注目すべし!
約数を見つけるには1から順に割っていけばいいが――
約数かどうかを判断するのはかんたん!割るだけ!
公約数も、共通する約数を探すだけ!
最大公約数をすばやく見つけるには「小さいほうの数」に注目!
最小公倍数、最大公倍数、最小公約数、最大公約数のどれが正しいの?

<位の数、桁数>
位の数は覚えるだけ!?
位の数は「カード」と「玉」をイメージしよう!
「位の数」について、もっと詳しく知ろう!
「玉」と「カード」でイメージできていれば「位の数」はかんたん!
「カード」がイメージできれば、「桁」「桁数」もわかる!

<がい数>
がい数とは、およその数、だいたいの数
がい算は、がい数にしてから計算しよう

<文章題(基本)>
文章題の第一歩は「は」と「の」「倍」

<文章題(速度)>
「時間⇔分⇔秒」は「袋」で考えれば、かんたん!
「km⇔m」も「袋」で考えれば、かんたん!
「速さ」とは何なのか、しっかり理解しよう!
(速さ)は(道のり)÷(時間)で計算できる!
速さ、道のり、時間に関する3つの式を覚えられないのなら「きはじの図」!
速さの文章題のうち、もっとも基本的な問題の解きかた
時速⇔分速⇔秒速の換算も、きはじの図
速度の文章題は、まずは単位の統一!
途中で速さが変わる速度の文章題は「手」で隠せば、かんたん!
「往復」の速度の文章題は「地図の描きかた」を少し工夫すれば、かんたん!

「数学を勉強するすべての人へ」のトップページ

スポンサード リンク