りんごを「箱」に入れれば四角形の面積の求めかたがわかる!

今度は、りんごをつぎのような「箱」にいれます。また、図をつぎのように工夫します。



この箱を使って、「3×2」を図で表してみましょう。
「箱を2回コピーする」という意味なので、つぎのようになります。また、このとき、図をつぎのように工夫します。



つまり、つぎのようになります。



さて、ここで質問です。
つぎの図は、どのような式で表せると思いますか。



「5を3回コピーする」という意味なので 「5×3」ですね。
計算すると15です。

さて、これから「面積」というものを求める機会があります。
具体的には、「つぎの図の面積を求めなさい」のような問を見かける機会があります。



いまのところ、「3を5回コピーする」と考えてください(よって、この四角形の面積は15になります)。
すこし誤魔化した解説で正確さには欠けますが、いまのところは、この程度の理解で構いません。
というわけで、このサイトでは当面、単位は省いていますので、ご了承ください。
※面積はかけ算やわり算だけではなく、「単位」も理解しないといけなくて、ややこしいので、あとでお教えします。たぶん。

スポンサード リンク


四角形では向いあう辺の長さは等しい

つぎの四角形の面積はいくつでしょうか。



四角形の向いあう辺の長さは等しいので、つぎのようにできます。



「4を3回コピーした」という意味なので、「4×3」で「12」になります。
では、つぎの面積はいくつになるでしょうか。



つぎのようにできるので「5×6」で「30」になります。


「数学を勉強するすべての人へ」のトップページ